Feature

渡辺俊美×誰かと誰かのレコードジャケット S/PEAK

12th.guest / 紗羅マリー

早くも一年を突破したロックダディ・渡辺俊美の対談企画。今回のお相手は、TOKYO No.1 SOUL SET主催イベントにも出演したモデル/女優の紗羅マリー。彼女私物の“ロカビリーの女王”の7インチを肴に、音楽のことからファッションまで縦横無尽に語りつつ、“愛することの美しさ”にまで話題は拡大。初の女性ゲストということもあって、編集部もテンション上がりっぱなしだ! photo:TSUTOMU YABUICHI(TAKIBI)

今月のトークテーマ
Wanda Jackson
『LONG TALL SALLY/MONEY,HONEY』

“クイーン・オブ・ロカビリー”のワンダ・ジャクソンが、リトル・リチャードの『LONG TALL SALLY(のっぽのサリー)』と、ザ・ドリフターズの『MONEY,HONEY(マニー・ハニー)』2曲をカバーした日本向け7インチ。邦題の書体や「ワンダ・ジャク“ス”ン」というカナ表記が時代を感じさせる。

渡辺「音を全部入れない“抜きの美学”って凄く今っぽいなと思う」

渡辺「音を全部入れない“抜きの美学”って凄く今っぽいなと思う」

  • W 音楽始めたのっていつだっけ?
  • S 2010年にエイベックスから曲(『Cherry/Gossip』)を出してるんですよ。そのあとに浅草ジンタの和尚さんにバンドをやりたいって相談して、Mary&The Flying Bowtiesを3年半前くらいにやったんですが、すぐに妊娠しました(笑)。
  • W ハッハッハ(笑)。
  • S おーい!って(笑)。で、妊娠している間にラーナーズをチャーベさんと2人で始めたんです。
  • W 確か二人を大阪に呼んだんだっけ。細美(武士)君と俺とチャーベの3人で弾き語りのイベントがあったんだけど、そのイベントをやったチョイスっていうお店の子が紗羅ちゃんを呼びたいって、なぜかそこのメンツに入れたんだよね。
  • S 妊娠6ヶ月だったけど、「行きます、行きます!」って(笑)。その時に、チャーベさんが自分でイベントをやるなんて凄いって感化されたんです。それで、チャーベさんが東京で「ラーナー」っていうイベントを小さい所でやり始めたから、私も妊娠中に遊びに行って唄い始めてラーナーズの基が出来たんです。そのあと、ブラック・リップスが来日する時に前座をやってくれって言われて、二人だとあまりにも画にならないから、その日だけでもバンド体制でやってみましょうって集めたのが今のメンバー。スタジオに入って鳴らした一音で「ヤバイ!」ってなりましたね。それで、「これ、2人じゃないですよ、5人でやりましょうよ!」ってなって、今の体制になったんです。
  • W イベントがキッカケで結成したって、ソウルセットみたいなものだよね。
  • S ラーナーズに関してはパーティーバンドだから、自分もお客さんも楽しいというのが正解だと思ってるんです。どれだけ上手いとかじゃなくて、楽しければ良いなって。私は基本、ずっとセンターに立っていたくないし、他の人が唄ってみたり、私が3コードだけのベースを弾いたり。
  • W 上手さとかよりも、空間作りと言うかね。
  • S そうそう。日本は、空いている音楽が無いじゃないですか。それって多分凄く自信がいることだと思うんですよ。わざと(音を)抜くっていう作業が。それが出来た時に超気持ち良いんじゃないかって思っていて。
  • W 数年前だけど、ファレル(・ウィリアムス)が『ハッピー』を出した時に、60年代のカバーでスカスカな感じなんだけど、「そうだよな〜」って納得した。最近の映画で『ベイビー・ドライバー』っていう、やたらずっと音楽聴いて、すっ飛ばす映画があるんだけど、それが凄くスカスカの昔のオールディーズのカバーだったりするの。それを観て凄く今っぽいなと思ったんだよね。全部入れない“抜きの美学”というかね。そういう点に紗羅ちゃんが着目してるのは凄く良いよね。この前、メジャーだけどSHISHAMOを観て、同じように「あ、スカスカで良いんだな」って思ったよ。
  • S わかります。潔いって言うか。
  • W 潔い。歌詞も共感するし。こんなオッサンが言っても駄目なんだろうけど、久々に良いバンドだなって。テクニックとかルックスとかそういうことよりも、抜け感というか。
  • S だから、そういう人が売れているのを見ると、「あ、出来るんじゃん!」って思うから、この先そういう風に出来たら良いなって思ってるんです。

ページ: 1 2 3 4

PROFILE

渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET、ZOOT16、猪苗代湖ズ)
TOSHIMI WATANABE
1966年12月6日・福島県出身

1990年に「TOKYO No.1 SOUL SET」を結成。福島県出身ミュージシャンなどと結成した「猪苗代湖ズ」でも活躍。メンズブランド「WHATEVER WORKS」のディレクションも務める。自身のソロプロジェクト「ZOOT16」の公式サイトではオリジナルTシャツなどのグッズを不定期で発表。
watanabetoshimi.com
www.zoot16.com


今月の客人

紗羅マリー SARAMARY 1986年12月12日・愛知県出身

2005年に『ViVi』専属モデルとしてデビュー。3月18日公開の『ニワトリ★スター』で映画初出演するなど、女優としても活動中。また、2010年には歌手としてもデビューし、第25回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞した“チャーべ”こと松田岳二率いるロカビリーバンド・LEARNERS(ラーナーズ)のヴォーカルを務める。 learnersband.tumblr.com


PAGE TOP