Feature

渡辺俊美×誰かと誰かのレコードジャケット S/PEAK

11th.guest / LOW IQ 01(ローアイキューイチ)

東京ストリートの生き字引的存在・渡辺俊美が、毎号異なるゲストが愛するレコードジャケットを軸にトークバトルを展開。今回対面するお相手は、AIR JAM世代にはおなじみの伝説的パンクバンド・SUPER STUPIDを経てソロで活躍するLOW IQ 01。互いを“イッちゃん”、“俊美君”と呼び合う盟友二人の話は、青春時代にまで及んだ!

今月のトークテーマ
RED HOT CHILI PEPPERS
『Mother’s Milk』

ギタリストにジョン・フルシャンテが加入した通称“レッチリ”が、世界的バンドへと飛躍するきっかけとなった1989年発表の4thアルバム。ファンク、ラップを取り入れた彼ら独自のサウンドが完成され、スティーヴィー・ワンダーの名曲『Higher Ground』なども収録。日本語版タイトル“母乳”も鮮烈なセンス。

LOW IQ 01「今こうやって俊美君といるのが不思議」

LOW IQ 01「今こうやって俊美君といるのが不思議」

  • W ある意味で、どっぷりアメリカというか、ラテンというか、音楽的にと言うよりも血が混ざってる感じ。それがミクスチャーなのかな。しかも、僕からしてみると、レッチリはメジャーとアンダーグラウンドの間と言うか。
  • L 橋渡し的なね。
  • W そういう部分はあったんじゃないかな。DJでよくかかってたし。この頃はレゲエ、ハウス、ヒップホップが山ほど入って来た時代だから。一回ロックは廃れたんだけど、レッチリだけはかかってた。そんな記憶がある。
  • L 90年代は、やっぱりお洒落ミュージックだよね(笑)。俊美君を筆頭に。セルロイド(渡辺俊美が携わっていたショップ)はやっぱり火付け役だったもん。だから今こうやって俊美君といるのが不思議。
  • W ハッハッハ(笑)。
  • L お互い知り合った頃は客で踊ってたからね。それが知らないうちに二人ともミュージシャンになってた(笑)。だって、俊美君は最初ソウルセットのPV観でボンゴ叩いてたもんね。それが知らないうちにギター弾くようになって、さらに知らないうちに歌唄うようになって(笑)。
  • W ハッハッハ(笑)。
  • L 「あれ? この人、洋服屋の社長だったよね?」と思ったもん(笑)。僕もアイゴンの取り巻きで、知らない間にステージに上がって、メンバーになっちゃったし。
  • W やっぱりイッちゃんと会話すると、セルロイドも含めて、何か俺の青春(笑)。
  • L みんな遊んでた場所が一緒だったね。とはいえ僕は俊美君と4つ違うから、大人に見えたけど(笑)。
  • W ハッハッハ(笑)。
  • L 店を経営してるって、やっぱりね。
  • W 俺も不思議だったな〜。
  • L 最初俊美君を見た時は、バリバリの東京の人かと思ってたし(笑)。原宿で店出して、六本木のクラブで遊んでDJやってる人。バリバリ東京の人でしょ、それって(笑)。
  • W なのに思いっきり福島でね(笑)。音楽とアメリカの話に戻るんだけど、この間、ラーナーズのライブを観て感じたのが、(Gt.のホリグチ)チエちゃんが常にアメリカを意識してること。それがバンドに出てる。「今のアメリカでやりたいんだ」っていう。カバーだろうが何だろうが意識がそっちに行ってると、ステージングとかも全部そうなって、だからこそ凄く人気があるんだなって思ったの。
  • L チエちゃんは若いじゃん。ロカビリーを通ってきた僕達からしてみたら3周4周はしてるんだけど、だからこそ彼女たちが新鮮に見える。リバイバルじゃない感じがして、凄く良いよね。
  • W ああいうのを観て勇気を貰ったりするからね。

ページ: 1 2 3 4

PROFILE

渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET、ZOOT16、猪苗代湖ズ)
TOSHIMI WATANABE
1966年12月6日・福島県出身

1990年に「TOKYO No.1 SOUL SET」を結成。福島県出身ミュージシャンなどと結成した「猪苗代湖ズ」でも活躍。メンズブランド「WHATEVER WORKS」のディレクションも務める。自身のソロプロジェクト「ZOOT16」の公式サイトではオリジナルTシャツなどのグッズを不定期で発表。
watanabetoshimi.com
www.zoot16.com


今月の客人

LOW IQ 01 ローアイキューイチ 1970年12月13日・東京都出身

1994年にHi-STANDARDと並んでAIR JAM世代を牽引したバンド・SUPER STUPIDを結成し、ヴォーカル&ベースを務める。’99年からはMASTER LOW名義でソロ活動を開始し、KEN YOKOHAMA、TOSHI-LOWなどと共闘。’07年からは現在の名義で活動中。昨年5月には最新アルバム『Stories Noticed』を発表した。2018年は自身過去最長のツアーを開催決定している。 www.lowiq01.jp

撮影協力:ディスクユニオン 新宿中古センター
東京都新宿区新宿3-17−5 カワセビル 3F
TEL.03-5367-9530
http://diskunion.net


PAGE TOP