Feature

渡辺俊美×誰かと誰かのレコードジャケット S/PEAK

11th.guest / LOW IQ 01(ローアイキューイチ)

東京ストリートの生き字引的存在・渡辺俊美が、毎号異なるゲストが愛するレコードジャケットを軸にトークバトルを展開。今回対面するお相手は、AIR JAM世代にはおなじみの伝説的パンクバンド・SUPER STUPIDを経てソロで活躍するLOW IQ 01。互いを“イッちゃん”、“俊美君”と呼び合う盟友二人の話は、青春時代にまで及んだ!

今月のトークテーマ
RED HOT CHILI PEPPERS
『Mother’s Milk』

ギタリストにジョン・フルシャンテが加入した通称“レッチリ”が、世界的バンドへと飛躍するきっかけとなった1989年発表の4thアルバム。ファンク、ラップを取り入れた彼ら独自のサウンドが完成され、スティーヴィー・ワンダーの名曲『Higher Ground』なども収録。日本語版タイトル“母乳”も鮮烈なセンス。

渡辺「“一つの今”みたいなものを聴いた感じだった」

渡辺「“一つの今”みたいなものを聴いた感じだった」

  • W この頃レッチリも、メンバーや方向性が色々と変わったけど、一気に世界を目指した瞬間だったよね。
  • L だから僕の中ではやっぱりこのメンバーが黄金期。ジョン・フルシアンテが一回辞めて戻ってきた時は、もう大御所みたいになってたけど。でもちょうどこの頃はモンスターバンドになる前夜で、アルバムが出てから90年に初来日してるんだよね。それが衝撃的だった。
  • W 通らない人がいないくらいだったよね、ヒップホップ好きも含めて。ジャンルと言うより、“一つの今”みたいなものを聴いた感じだったもん。
  • L 「何じゃこりゃ!?」と思ったからね。「このテクニックは何?」って。
  • W バランス良くギターとドラムとベースって感じじゃないしね。それぞれ出てるところ全部出てる。
  • L バンドとしては理想形というか、個性がみんな出てる。昔だったら、ヴォーカルとギターだけが目立つのに。
  • W うんうん。
  • L ガンズ&ローゼズでいうアクセルとスラッシュだけじゃなくて、これは全員が目立ってるから凄い。ある意味、ちょっとレッド・ツェッペリンぽい。この時代の新しいことをやって、ちゃんと4人とも有名。普通はベースってバンドの大黒柱にならないといけないのに、フリー(Ba.)はギターよりも目立ってるし(笑)。それも結構衝撃的だったかもしれない。
  • W ポール・マッカートニーとかもそう。
  • L やっぱり、ポール・マッカートニーなんかもシンプルだからね。凄く派手なベースもあるんだけど、本来の役目というか。カーリー・ジラフのキヨシ君(高桑圭)とかも独特で、凄く色っぽいベースだなと思うの。シンプルなんだけど、あの人しか弾けない感じがね。
  • W 特に派手じゃないから余計にそういうのを感じるんだよね。唄ってる感じ。俺、高校の時はベース&ヴォーカルだったのよ。しかも色々なジャンルのカバーばっかりで。ヘヴィメタルでアースシェイカーあたりをやると、(キーが高くて)唄えなかったんだよね。だから無理矢理唄ってたなぁ。
  • L 僕もヘヴィメタルを通ってたら、ベースも全然違ってたと思うんだよね。ヘヴィメタルをやってたら、指で弾きたいタイプかもしれない。アイアン・メイデンとかメタリカみたいに。3本指で弾いてみたいと思って一回チャレンジしてみたんだけど、難しかった(笑)。
  • W 難しいよね、あれはやっぱり。アイアン・メイデンやメタリカは、ヘヴィメタルって言っても全然違うもん。
  • L ヘヴィメタルはギタリストがやっぱり花形じゃん? 速弾きがナンボみたいな。アイアン・メイデンとかメタリカとかは指弾きでやってて、凄いなと思ったんだよね。
  • W ジャズに近いもん。
  • L 一時期“ジャコパス”(ジャコ・パストリアス*ジャズ、フュージョンのベーシスト)もフリーの影響で聴いたりしたけど、いまだに難しい(笑)。
  • W ハッハッハ(笑)。理論的なものとか入ってくるもんね、あっちの方は。
  • L 僕はロックが好きだからね。言い訳っぽいんだけど(笑)。

ページ: 1 2 3 4

PROFILE

渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET、ZOOT16、猪苗代湖ズ)
TOSHIMI WATANABE
1966年12月6日・福島県出身

1990年に「TOKYO No.1 SOUL SET」を結成。福島県出身ミュージシャンなどと結成した「猪苗代湖ズ」でも活躍。メンズブランド「WHATEVER WORKS」のディレクションも務める。自身のソロプロジェクト「ZOOT16」の公式サイトではオリジナルTシャツなどのグッズを不定期で発表。
watanabetoshimi.com
www.zoot16.com


今月の客人

LOW IQ 01 ローアイキューイチ 1970年12月13日・東京都出身

1994年にHi-STANDARDと並んでAIR JAM世代を牽引したバンド・SUPER STUPIDを結成し、ヴォーカル&ベースを務める。’99年からはMASTER LOW名義でソロ活動を開始し、KEN YOKOHAMA、TOSHI-LOWなどと共闘。’07年からは現在の名義で活動中。昨年5月には最新アルバム『Stories Noticed』を発表した。2018年は自身過去最長のツアーを開催決定している。 www.lowiq01.jp

撮影協力:ディスクユニオン 新宿中古センター
東京都新宿区新宿3-17−5 カワセビル 3F
TEL.03-5367-9530
http://diskunion.net


PAGE TOP