Feature

渡辺俊美×誰かと誰かのレコードジャケット S/PEAK

10th.guest / 小籔千豊

男気ミュージシャン・渡辺俊美が、ゲストの思い入れのあるレコードジャケットを軸に語らう連載企画も第10回。記念すべき今回の対談相手は、自分の趣味を押し通す(?)音楽&お笑いフェス「コヤブソニック」を主宰する小籔千豊。彼がコヤブソニック常連出演者でもある渡辺に吐露したのは、フェスに向けて特訓しているというドラムスの悩み…。

photo:TSUTOMU YABUUCHI(TAKIBI)

今月のトークテーマ
チャットモンチー『BEST〜2005-2011〜』

橋本絵莉子(Vo.、Gt.)、福岡晃子(Ba.、Dr.、Cho.)からなるガールズロックバンドが2012年に発表した、元メンバー・高橋久美子(Dr.)在籍時の全シングル表題曲とアルバム&ミニアルバムのリード曲を収録した初のベストアルバム。初回限定版にはライブ映像を収録したDVDが付属していた。

渡辺「変な間が無い。それは計算では出来ないことだと思う。」

渡辺「変な間が無い。それは計算では出来ないことだと思う。」

  • 編集部 今だったら知らない方にもオファーすると思うけど、最初から気後れみたいな感覚はなかったですか? 失礼かもしれませんが、アーティストに芸人の自分がお願いするみたいなところで。
  • K もちろんもちろん。僕らは下ネタラップグループやってるし。最初はコヤブソニックやって、「サマソニ潰してやろう!」ってRG(レイザーラモン)と言ってたんですよ(笑)。でも僕、サマソニが大阪でやってることすら知らなくて。それくらい疎かったんです。でもある時コンビニに行ったら、サマーソニック大阪っていうのを見て、「あれ? サマソニって大阪でやってるの?」ってなって。それでその時、あまり売れてなかったHGとRGと、サマソニに呼んでもらおうって話になったんです。でも、色々なところに頼んで根回ししたんですけど、やっぱり駄目。だから、「一生サマソニには出ないし、横でコヤブソニックやってサマソニ潰してやろうか!」ってなって、負け犬の遠吠えで悪口言ってたんですよ(笑)。
  • W ハッハッハ(笑)。
  • K その時はボケで、コヤブソニックってダサい名前でサマソニやっつけれるわけないだろっていうのがあったんですけど、RGが「ミュージシャンの知り合いが多いから出来るんじゃないですか?」って言うんです。「いやお前、スチャダラさんに出てくれって言うことは、銀シャリの単独イベントに、いとしこいし師匠に出てくれ言うようなもんだぞ」って返してたんですけどね(笑)。「もうええわ、これで縁切れてもしゃーない。嫌われてもいいからアホのふりして一回聞いてみるわ」って思って聞いてみたら、「全然良いですよ。俺達が出ないと始まらないでしょ」って言ってもらえて。それで、「スチャダラさんいけたわ~。じゃあ次は曽我部さんだ」ってお願いしたら、「楽しそうですね、お願いしまーす」って言われて。「おいおい、サニーデイ・サービスがお願いしますって言うてるぞ。エグいな~!」みたいな(笑)。それで開催することになったんです。
  • W タイムテーブル組んだりするのって楽しくない?
  • K そうですね、自由にやらせてもらえるので。限られた時間の中で出来るだけ皆さんにゆったりと転換していただきたいんですけど、ステージが一つなので出来るだけタイトにしてもらって。あと、セットを豪華にするのは予算掛かるから、特効みたいなのは一切無くしたんですよ。会社からは“こんなの作って、こんなのやって”って色々提案されたんですけど「いや、そんなことするな」と。それをやってチケットの値段が上がったら意味が無いし、どうやってもサマソニになんて資金力では勝てない。俺達はJAY-Zを呼べませんから(笑)。
  • W ハッハッハ(笑)。
  • K 向こうはスティービー・ワンダーも呼んでるし、派手さで勝とうとしなくていい。「こっちは真心だ!」と。一発花火を上げるくらいなら、トイレを一つでも増やした方が良い。
  • W それに、全部ちゃんと間に小藪がMC入れるんだよね。お笑いの人が入ったりもするけど、ほとんどステージにいるもんね。安心出来ると言うか、変な間が無い。それは計算では出来ないことだと思う。動物的勘の働き方がすごい。面白いことをずっと言ってるわけではないし、ちょっとしんみりした話もするんだけど、それが凄い。あと、今は新しい音楽の情報はどうやって取り入れたりしてるの?
  • K 基本的に自分がバンドをやり始めてからですね。それまでほとんど分からなかったんです。それこそ、レッスンで先生から教えてもらって、ガンズとかもYouTubeで観て。そうしているうちに、「今の若い人達ってどんななのかな?」って思って見はじめました。NAVERまとめで、“関西、勢いのあるバンド”って調べて探ってます(笑)。
  • W ハッハッハ(笑)。
  • K やっぱり音楽の方はゼロからじゃないですか。そうすると、おじさま達はみんな完成されてるんですよ。いわゆるベテランの阪神巨人師匠みたいな。でも、そればかり見ていても勉強にならないわけですよ。だから中堅、若手、さらに超若手を見て。でも、超若手でもイケてないヤツを見ても仕方ない。だから、“アツい、キテるバンド”みたいなワードを追加して(笑)。でもドラムは一瞬しか映らないから“叩いてみた”とかを見るんです(笑)。

ページ: 1 2 3 4

PROFILE

渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET、ZOOT16、猪苗代湖ズ)
TOSHIMI WATANABE
1966年12月6日・福島県出身

1990年に「TOKYO No.1 SOUL SET」を結成。福島県出身ミュージシャンなどと結成した「猪苗代湖ズ」でも活躍。メンズブランド「WHATEVER WORKS」のディレクションも務める。自身のソロプロジェクト「ZOOT16」の公式サイトではオリジナルTシャツなどのグッズを不定期で発表。
watanabetoshimi.com
www.zoot16.com


今月の客人

小籔千豊 KAZUTOYO KOYABU 1973年9月11日・大阪府出身

漫才コンビ「ビリジアン」としてデビュー。2001年の解散以降、吉本新喜劇に入団。2006年から座長を務める。レイザーラモンとのユニット「ビッグポルノ」としても活動し、そこから派生した音楽&お笑い野外イベント「コヤブソニック」の主宰。2014年以来となる「コヤブソニック2017」は、11月3〜5日にインテックス大阪にて開催される。 www.koyabusonic.com


PAGE TOP