Feature

渡辺俊美×誰かと誰かのレコードジャケット S/PEAK

10th.guest / 小籔千豊

男気ミュージシャン・渡辺俊美が、ゲストの思い入れのあるレコードジャケットを軸に語らう連載企画も第10回。記念すべき今回の対談相手は、自分の趣味を押し通す(?)音楽&お笑いフェス「コヤブソニック」を主宰する小籔千豊。彼がコヤブソニック常連出演者でもある渡辺に吐露したのは、フェスに向けて特訓しているというドラムスの悩み…。

photo:TSUTOMU YABUUCHI(TAKIBI)

今月のトークテーマ
チャットモンチー『BEST〜2005-2011〜』

橋本絵莉子(Vo.、Gt.)、福岡晃子(Ba.、Dr.、Cho.)からなるガールズロックバンドが2012年に発表した、元メンバー・高橋久美子(Dr.)在籍時の全シングル表題曲とアルバム&ミニアルバムのリード曲を収録した初のベストアルバム。初回限定版にはライブ映像を収録したDVDが付属していた。

小藪「願ってもないラッキーがあるかもしれないから、若い人には自殺しないで頑張って欲しいんですよね」

小藪「願ってもないラッキーがあるかもしれないから、若い人には自殺しないで頑張って欲しいんですよね」

  • W 音楽とお笑いとをミックスさせる上で、何か共通点を見出したことってある?
  • K 凄くいいかげんにやってるように見えても、そうではないんだって思いました。真面目な人ばかりじゃないじゃないですか、ミュージシャンの方って。無茶苦茶だったり、不良っぽかったりする人もいる。だけど、横から見たらキッチリしてるんですよ。適当にやってるように見えても、“お客さんを笑かそう、楽しませよう”と思って必死なところは一緒だと思いました。舞台の上からお客さんを喜ばせようとする人達というくくりでは、一緒だなと。
  • W お笑いの方もそうだけど、終わった後の顔が全部良いんですよね。演る前ももちろん緊張感があって良い顔なんだけど、演った後の感じはミュージシャンもお笑いも一緒なんだよね。達成感と、「どうだったかな?」みたいな不安感と。確かにそれは共通点だよね。
  • K あと、コヤブソニックって言ったら、本当に小藪家が一番喜ぶソニックなんですよ。僕の好きな人しか呼んでないので。お笑い芸人も、先輩後輩全員尊敬出来る人だけですし。いろんなブースに行って宣伝したりしないといけないので全部は観れないんですけど、僕は誰よりも一列目で観たいと思ってますね。
  • W 現場に常にいるって姿勢は本当に凄いなって思う。打ち上げにも全部まざってね。
  • K 純粋に自分が一番観たいんですよね。全員がそう思ってくれてるかはわからないですけど、やっぱり僕はポリシー曲げないで良かったと思いますね。人気あるから、集客あるから呼ぶという方が興業としてはうまくいくと思うんです。だけど、イタリアンに行って美味い味噌汁、美味いカレーが出て来ても、ちょっと違うと思うんですよ。僕の味付けというか、僕の好きな並べ方みたいなのをわかってくれる人がいると思うんですよ。「小藪さんと音楽の趣味一緒です。私の好きな人ばかり呼んでくれてありがとうございます!」って言われたら、本当嬉しいですもん(笑)。
  • W 最終的にみんな仲良くなるって感じが凄い良いよね。楽屋も含めて。
  • K それはBOSEさんにも鶴瓶さんにも言っていただきました。“出ている人が本当に良い人が多い”って。このフェスを大きくする気はまったく無いし、「去年と同じアーティストで同窓会みたいな感じで年に一回やります」みたいな感じがいいんだと思います。
  • W 俺が俺がではなくて、みんな釣られて来てこういう風になってるのかな。それこそ、コヤブソニックが縁で結婚したカップルもいるもんね。BOSEも川辺君も。本当の繋ぎ役だよね(笑)。
  • K 本当嬉しいですね。家でCD並んでた人、車の中で聴いていた人に、「君のお陰で結婚出来たよ」って言ってもらえるなんて、よく考えたらメッチャ嬉しい。会えるとも思ってなかったし、会おうとも思ってなかったのに、飲みに行くようになって連絡先を知ることになるなんて、まったく思ってなかったんです。しかもそれを嫁が観てる。これは最高の嫁孝行ですよね。
  • W そうだよね。
  • K いつも言ってるんですよ。「凄いよな~、家にあるCDの人達がほとんど出てる」って(笑)。
  • W ハッハッハ(笑)。
  • K しかもその人達に、「結婚したよ、ありがとう!」って言われるなんて(笑)。人生どうなるかわからないですよね。だから若い人達は、願ってもないラッキーがあるかもしれないから、とりあえず自殺しないで頑張って欲しいんですよね。

ページ: 1 2 3 4

PROFILE

渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET、ZOOT16、猪苗代湖ズ)
TOSHIMI WATANABE
1966年12月6日・福島県出身

1990年に「TOKYO No.1 SOUL SET」を結成。福島県出身ミュージシャンなどと結成した「猪苗代湖ズ」でも活躍。メンズブランド「WHATEVER WORKS」のディレクションも務める。自身のソロプロジェクト「ZOOT16」の公式サイトではオリジナルTシャツなどのグッズを不定期で発表。
watanabetoshimi.com
www.zoot16.com


今月の客人

小籔千豊 KAZUTOYO KOYABU 1973年9月11日・大阪府出身

漫才コンビ「ビリジアン」としてデビュー。2001年の解散以降、吉本新喜劇に入団。2006年から座長を務める。レイザーラモンとのユニット「ビッグポルノ」としても活動し、そこから派生した音楽&お笑い野外イベント「コヤブソニック」の主宰。2014年以来となる「コヤブソニック2017」は、11月3〜5日にインテックス大阪にて開催される。 www.koyabusonic.com


PAGE TOP