Feature

渡辺俊美×誰かと誰かのレコードジャケット S/PEAK

10th.guest / 小籔千豊

男気ミュージシャン・渡辺俊美が、ゲストの思い入れのあるレコードジャケットを軸に語らう連載企画も第10回。記念すべき今回の対談相手は、自分の趣味を押し通す(?)音楽&お笑いフェス「コヤブソニック」を主宰する小籔千豊。彼がコヤブソニック常連出演者でもある渡辺に吐露したのは、フェスに向けて特訓しているというドラムスの悩み…。

photo:TSUTOMU YABUUCHI(TAKIBI)

今月のトークテーマ
チャットモンチー『BEST〜2005-2011〜』

橋本絵莉子(Vo.、Gt.)、福岡晃子(Ba.、Dr.、Cho.)からなるガールズロックバンドが2012年に発表した、元メンバー・高橋久美子(Dr.)在籍時の全シングル表題曲とアルバム&ミニアルバムのリード曲を収録した初のベストアルバム。初回限定版にはライブ映像を収録したDVDが付属していた。

渡辺「仕事も増えて色々と繋がりが出来た。そうやってコヤブソニックは大きくなっていったよね」

渡辺「仕事も増えて色々と繋がりが出来た。そうやってコヤブソニックは大きくなっていったよね」

  • W チャットの他で、今まで自分のキッカケになった音楽ってある?
  • K 僕のところは、オトンもオカンも割と音楽好きで、ボブ・ディランとかレッド・ツェッペリンとか流しながら掃除機を掛けたりしてたんです。あと、お婆も「音楽は出来た方がエエ!」、「ファミコンのソフト買ってあげるからギター習いに行け」って言うから、小学校でクラシックギターを習いに行って、中1までやってました、バレー部もやってたんですが、月曜日はギター教室があるから帰ってて。(顧問の)先生の許可もちゃんともらってたんですよ。でも、中2の補欠の先輩が3人やって来て、「お前、ギターとバレーボールどっち取るんだ?」って言うから、もう面倒臭いってなって辞めたんです。小学3年生の時も、隣がエレクトーンの先生だったから習ってました。だから、好きになる前からもう周りに音楽が溢れてたし、ギターのありがたみも無かったんですよ。
  • W 「あれ欲しい!」みたいなのが無かったんだ。
  • K まったく無いです。実家が自転車屋だったから、自転車に憧れも無いですもん。友達とかが「あの自転車欲しい! 格好良い!」って言ってても、まったく良いと思ってなくて。もうハミ出るくらいありましたから(笑)。音楽もずっとそんな感じでした。カラオケ行ったらサザンを唄うみたいな。だけど、嫁はんと18、19歳くらいから付き合いだして車でデートしてると、FM802がかかってるんですよ。そこで流行ってたのが渋谷系の人達で、CD買ったりしてました。失礼ながら、僕はそこで初めてソウルセット聴いたんです。
  • W あ、そうなんだ。
  • K ライラライ~って流れて来て、「何や! この歌は?」って、歌に聴こえなかったんですよ(笑)。ラップでもないし、「これ誰や?」ってなって、そしたらDJが「TOKYO No.1 SOUL SETで『黄昏’95〜太陽の季節〜』」って。「何とかソウルセットっていうのか、覚えておこう」ってなって買ったんです。僕と嫁は音楽の趣味が一緒なんですけど、ある時彼女が802を聴いてる時に、ソウルセットのチケットの先行予約をしていたらしく、僕がソウルセットを聴いてるのを知っていたから電話してチケットを取って「ソウルセットのチケット、整理番号5番で取れたでー!」って電話かけてきたんです。「でかしたー!」って言いました(笑)。それで、O-WESTですかね、2人で観に行きました。でも僕は写真でしか(ソウルセットの)姿を見たことがなかったんですよ。だから、整理番号5番だったから最前列のバーの所に行って、真ん中か、右か、左かどこに立とうかと迷って。結局3人のうち1人がDJだから、多分逆V字なんじゃないかと考えて、センターやめて右か左かにしようってなったんです。それで「右か左かどっちや?」って嫁に聞いたら「右!」って言ったから、俊美さんの前だったんです。
  • W あ~、そう(笑)!
  • K 僕、背が高くて立っていたら後ろの子に悪いから、バーに肘乗せてそこから顔出して観てました。膝立ちだったから凄く腰が痛くなって(笑)。
  • W ドライブの時に802聴いていて、渋谷系の音楽が流れていたのがキッカケで色々聴き始めて。コヤブソニックをやり始めたキッカケは、“自分の知らない人は呼ばない”という姿勢でやっていたと思うんだけど、どんどん仕事が増えて東京でも仕事やるようになって、色々と繋がりが出来てきた。そうやってコヤブソニックは大きくなっていった気がするよね。

ページ: 1 2 3 4

PROFILE

渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET、ZOOT16、猪苗代湖ズ)
TOSHIMI WATANABE
1966年12月6日・福島県出身

1990年に「TOKYO No.1 SOUL SET」を結成。福島県出身ミュージシャンなどと結成した「猪苗代湖ズ」でも活躍。メンズブランド「WHATEVER WORKS」のディレクションも務める。自身のソロプロジェクト「ZOOT16」の公式サイトではオリジナルTシャツなどのグッズを不定期で発表。
watanabetoshimi.com
www.zoot16.com


今月の客人

小籔千豊 KAZUTOYO KOYABU 1973年9月11日・大阪府出身

漫才コンビ「ビリジアン」としてデビュー。2001年の解散以降、吉本新喜劇に入団。2006年から座長を務める。レイザーラモンとのユニット「ビッグポルノ」としても活動し、そこから派生した音楽&お笑い野外イベント「コヤブソニック」の主宰。2014年以来となる「コヤブソニック2017」は、11月3〜5日にインテックス大阪にて開催される。 www.koyabusonic.com


PAGE TOP