Feature

渡辺俊美×誰かと誰かのレコードジャケット S/PEAK

9th.guest / 幹田卓司

毎号異なるゲストが持参したレコードジャケットをテーマに、ミュージシャン・渡辺俊美が対談する企画もついに第10回の大台(?)に突入。記念すべき相手は、芸術的なスタッズアクセサリーを作り出す男・幹田卓司(WOLF'S HEAD)。旧知の友ながらしっかり話す機会は今回が初となるアラフィフ同士のトークは、幹田氏が持参した懐かしのアイテムの登場で、スタートと同時に盛り上がる結果に。

今月のレコードジャケット
RCサクセション『BEAT POPS』

故・忌野清志郎が率いた“KING OF ROCK”バンドが1982年に発表した8枚目のアルバム。名曲『つ・き・あ・い・た・い』を筆頭に、ファニーなタイトルとジャケットに似合わない(?)暗くて実験的な10曲を収録。ちなみに同年には清志郎は坂本龍一と組んで『い・け・な・いルージュマジック』を発表していた。

幹田「ホコ天はよく見に行ってました。そこでレコードを買ったりして」

幹田「ホコ天はよく見に行ってました。そこでレコードを買ったりして」

  • W 幹田君の故郷は千駄木でしょ? 先輩後輩とかの関係も含めて、やっぱり入って来るものは田舎と比べて早いよね。
  • M 比較的そうだったと思います。
  • W 原宿にホコ天があった時代だから、リアルタイムなロックンロールみたいなのは原宿とかで経験してたの?
  • M はい。ライブに参加はしてないですけど、ホコ天はよく見に行ってました。そこでレコードを買ったりして。
  • W あそこは一番良かったよ。不良的な音楽なんだけど、どこか受け身じゃなくて、俺が好きなのはこれだってチェンジしていくきっかけになるっていうかね。そういう意味でもRCは俺の中では大きかったな。先輩達は聴いてなかったけど、俺の中では人気が無いほど好きっていうのかな。あの時代もフォーク歌手とかコアな奴がテレビに出ないのは、一つのモーションというか、あえて出ないのが格好良いっていうのはあったよね。多分そもそも呼ばれないんだけど(笑)。
  • M ハッハッハ(笑)。
  • W そういうところで、テレビに出なくても音楽活動続ける人の見本だと思うの、RCは。夜ヒットくらいしか出なかったもんね。
  • M そうかもしれないですね。歌詞も結構エグいと言うか、変態チックなことも唄ってますもんね。
  • W 吉幾三さんがそうなんだけど、曲書くとき最初は全部下ネタなんだって。まずは下ネタで書いて、そこから言葉を入れていって(笑)。
  • M ハッハッハ(笑)。良いですね、その感じ。
  • W 多分まずはタブー的なものをハメ込んで、これはやり過ぎなんじゃないのっていうのを削ぎ落としていく。比喩法じゃないけど、そういうのをうまく歌にしていくっていうか、そんなテクニックをRCも持ってたんじゃないかな。
  • M 中学生の頃は他に、レコードレンタルか中古レコード屋に行って、1000円以下の面白そうなものを買ってました。C・Wマッコールとか(笑)。
  • W ハッハッハ(笑)
  • M 横に帯があるじゃないですか。そこに映画『コンボイ』のサントラで使われたって書いてあって。それにそそられたんです(笑)。ジャケも格好良かったんですよ。でも当時の僕は、RCとかのわかりやすいロックンロールが好きだったので、「あ~、失敗したな」って(笑)。でもそれはいまだに持ってますし、今聴くとすごく良かったりしますよね。
  • W 俺もヒップホップでサンプリングするっていうので、声ネタとか探したりする時にサントラ買ったりしてた。『フルメタルジャケット』とか、やっぱりジャケットが格好良いとつい買っちゃうよね。『ゴッドファーザー』とか、聴かないけど山ほど持ってるもん。あと、プロレスラーのオムニバスとか。
  • M 結局何かを好きになった人って、別にあの曲を聴きたいから買おうとかだけじゃなくて、これ持ってないから買おうっていう感覚ありますよね。初めてアメリカ行った時も、洋服だけじゃなくてレコードも結構買いました。80年代すごく安かったし、珍しいレゲエとかもあったからジャケ買いもして。それで森(敦彦*ワコマリア代表)の所(当時経営していたバー「ロックステディ」)に持って行ったんですよ。でも、置いておくとどこに行ったかわからなくなっちゃって(笑)。まだ全部置きっ放しですよ。
  • W 俺のもあるはずだなぁ(笑)。
  • M 森、自分のものにしてますよ(笑)。
  • W してるよね(笑)。結構レア盤無くなっちゃったな~。オレゴンとかテキサスのレコードフェスに、商売とかじゃなくて、ストレス無くレコード買いに行くと超アガるよ。
  • M 楽しそうですね。
  • W アメリカのヒューストンで、「クラッシュが『ロック・ザ・カスバ』のプロモーションビデオ撮った場所だよ」とか言われて、そこに寝っ転がって「あぁ、クラッシュがここにいたんだ~」ってやってね(笑)。前はアメリカ行って、物がある程度無いとわかると、オランダのアムステルダムの方に行ってた。でもヨーロッパは持って帰るのが大変。重量制限があってさ。
  • M 僕もこの前、久々にアメリカに行ったんです。L.Aとかサンディエゴに。何だかんだ言って、やっぱり面白いですよ。正直、洋服なんて5着くらいしか買ってないですけどね(笑)。

ページ: 1 2 3

PROFILE

渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET、ZOOT16、猪苗代湖ズ)
TOSHIMI WATANABE
1966年12月6日・福島県出身

1990年に「TOKYO No.1 SOUL SET」を結成。福島県出身ミュージシャンなどと結成した「猪苗代湖ズ」でも活躍。メンズブランド「WHATEVER WORKS」のディレクションも務める。自身のソロプロジェクト「ZOOT16」の公式サイトではオリジナルTシャツなどのグッズを不定期で発表。即完なのでこまめにチェック。
watanabetoshimi.com
www.zoot16.com


今月の客人

幹田卓司 TAKUJI MIKITA 1969年12月14日・東京都出身

1991年に幹田氏が自身の趣味であるバイクライフから想起したヴィンテージショップをオープン。1995年にスタートした「WOLF'S HEAD」はヴィンテージとオリジナルのスタッズアクセサリーを制作し、爆発的な人気を博す。WTAPSやワコマリア、コム・デ・ギャルソンとコラボするなど熱狂的なファンは数多い。

撮影協力:WOLF’S HEAD 東京都文京区千駄木3-36-2 TEL:03-5685-3215


PAGE TOP