Feature

渡辺俊美×誰かと誰かのレコードジャケット S/PEAK

4st.guest / 若旦那

新年度の幕開けとともに、俳優としての幕開け(しかも主演!)をも迎えることが決まった渡辺俊美が、ゲストの心に刻まれたレコードジャケットを肴に音楽〜男の話を展開する対談企画第4弾。今回のお相手はRUDOでも馴染み深い男・若旦那。これまで語られたことのない湘南乃風黎明期の葛藤など、思いの丈をぶちまけた。

PHOTO:RIEI NAKAGAWARA
撮影協力:cafe pizzeria violetto 東京都渋谷区代々木5-63-10 TEL.03-5738-3295

今月のレコードジャケット
WHAM!『MAKE IT BIG』

大ヒットシングル『Last Christmas』などで知られるワム!が1984年にリリースしたセカンドアルバム。ジョージ・マイケルのソングライティングの才能が爆発して米英で1位を記録。シングルカットされた『FREEDOM』、『CARELESS WHISPER』ほか2曲も世界中のトップチャートを席巻した。

渡辺「俺は就職したくないのよ。自由でいたいから。アーティストでいたいっていうのはそういうところ。」

渡辺「俺は就職したくないのよ。自由でいたいから。アーティストでいたいっていうのはそういうところ。」

  • T 去年、さだまさしさんのアルバム出たでしょ。ベストアルバムじゃなくて“ワーストアルバム”(『御乱心〜オールタイム・ワースト〜』)。
  • W 凄いの出しますよね(笑)。
  • T ベストアルバムは売れてる曲しか入ってないけど、そうじゃなくて自分でキャッチーな曲とかを選んだワースト盤。その発想がすごく好き。
  • W あの人はパンクですよね、やっていることが。学ぶことが沢山ある。さださんとは親しくさせてもらっているんですが、ギターも上手くて創作意欲を一切止めないんです。
  • T 映画監督で言えばウッディ・アレンだよね。創作意欲はデビュー当時からずっと変わらないし、毎年何かしら(作品を)出してる。さださんも多分そうだと思う。ルックス的にも似てるもんね、銀縁か黒縁メガネみたいな(笑)。
  • W 前に、さださんに相談したことがあって、それが今の自分の軸になっているんですが、ヒット曲を作るとレコード会社とかから「売れた曲っぽいものを作ってくれ」って言われるんですよ。『純恋歌』みたいな曲を作って欲しいって。メンバーも含めてみんなそこに翻弄されちゃって、ずっとそこしか見てないんですよね。自分達の過去のヒット曲に束縛されてる。でも、どうしてもそんな依頼に応えることが自分には出来なくて。それで、さださんに相談したんですよ。「(ヒット曲を求めるような)オファーが来ると自分は抵抗してるんだけど、時にはそれがワガママみたいに映っちゃうみたいで、それはどうしたらいいんですか?」って。そしたら、「もし過去の模倣をするんだったら、アーティスト辞めちまえ!」って言われたんです。常に進化し続けろって。「売れた曲を真似して一曲を適当に作っているのなら、即座に君は引退しなさい」と。その言葉が、自分を凄く前に押してくれたんです。難しい人間だと思われようが、俺はこのままやっていけばいいんだって。凄く孤独な戦いなんですけどね(笑)。自分を押し通して曲を作った時に責任を取るのは自分だけだし。だけどそこで、“絶対に過去の模倣だけはしない”っていうルールを自分の中に作ったんです。
  • T 俺は就職したくないのよ。自由でいたいから。アーティストでいたいっていうのはそういうところ。“就職して何でも請け負って、何でもやりますよ”っていうのはつまらないと思うんだよね。いくら良い車に乗ろうが何しようが、そこは多分つまらないだろうなって。だから入れないんだよね、その枠に。
  • W それはわかりますね〜。
  • T 俺達にはヒット曲が無いからあれなんだけど(笑)。スチャダラパーは『今夜はブギーバック』が売れて、やっぱり周りから色々言われたから、五年くらい前に(その曲を演奏するのを)封印したことがあった。どうしてもそこから脱皮しないとダメだなって。それで、自分達のトラックを使わないで、昔の二枚使いの奏法で最新の曲をアナログ使ってやってたわけ。それで、我慢して我慢して「そろそろやってもいいんじゃない?」って言ってたら、ある時そういうタイミングになったんだよね。何かを打破するためにアーティスティックにやるっていうのは、そういうところだと思う。改めてスチャダラはカッコ良いなって思ったし、だからこそ今もニーズがあるんだと思う。
  • W 過去の曲を唄うことすらも自分は苦しんでたんですよ。カラオケみたくなっちゃって。でも、最近自分は役者も始めたんですけど、役者やって演技が出来るようになったら過去の曲がまた唄えるようになったんですよ。何でかって言うと、当時の自分を思い出して集中すると、その時の気持ちになれるんですよね。演技って凄く集中力を使うし、その瞬間に心を入れることだから小手先では出来ないじゃないですか。凄く集中力が必要。でもそれがだんだん出来るようになって、一曲一曲過去の曲を唄う時に、あの時の気持ちになって唄えるようになってきたんです。
  • T そうなると今は今で、当時の曲が良くなったりする?
  • W 昔の曲には(作った)当時の思いが溢れ出ているから、ただのカラオケでは成立しないものを、ようやくお客さんに提供できるようになりました。そうすると唄いたくなってくるんですよね。過去の曲がどんどん新しくなっていくというか、一生色褪せない瞬間ができて。
  • T 人間国宝で陶芸家の河井寛次郎さんという人がいるんだけど、彼が言っている「新しい自分を見つけるために新しい仕事をする」っていうのに近いよね。俳優という仕事を一生懸命やったおかげで新しい自分になって、そういうことを常に繰り返す。それがわからない人が迷走しちゃうんだけど、でも、そういう人にも教えてあげる。俺達にはそういう役割もあるんだから。アーティストっていうのは、俺達みたいなのもいるんだよってね。
  • W そうですね。
  • T 色々もめたりもするけどね(笑)。

ページ: 1 2 3

PROFILE

渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET、ZOOT16、猪苗代湖ズ)
TOSHIMI WATANABE
1966年12月6日・福島県出身

1990年に「TOKYO No.1 SOUL SET」を結成。ソロ活動や他アーティストとのコラボ、楽曲提供も盛んで、福島県出身ミュージシャンなどと結成した「猪苗代湖ズ」でも活躍。メンズブランド「WHATEVER WORKS」のディレクションも務めるなどファッション感度の高さにも定評がある。映画初主演となる『パパのお弁当は世界一』が2017年中に公開予定。
watanabetoshimi.com


今月の客人

若旦那 WKADANNA
1976年4月6日・東京都出身

2001年にジャパニーズレゲエグループ・湘南乃風を結成。2011年からはソロ活動を活発化させ、これまでに5枚のアルバムをリリース。昨年からは“the WAKADANNA BAND”としてパンクやアコースティックなど、バンドスタイルでの新たな音楽性を披露。今月まで放送されたTBS系ドラマ『下剋上受験』などに出演するなど俳優としても活躍中。the WAKADANNA BAND『POST』が絶賛発売中。
waka-d.jp

supported by NIXON
https://www.nixontokyojapan.com/


PAGE TOP