Feature

THE GOD HAND vol.18

THE RANGER CHRONO LEATHER feat. RYOONO

スケートカルチャーをバックボーンに、それを軽々と越えて様々なファッションとコネクトし続ける腕時計ブランド「ニクソン」。そんな彼らとリンクするアティストもまた、独自の個性を発揮する重要な存在が多い。今回登場するRYOONO氏もその一人。 自身の作品の前に佇む彼の腕には[THE RANGER CHRONO LEATHER]の質感がよく似合う。

Professional's profile
RYOONO リョウオノ
類稀なハンドペイントの技術で、流麗かつ尖鋭的、有機的かつ無機質、躍動的かつ静謐など、ほどよい緊張感の中で相反する要素が同居する独特な世界観を提示するアーティスト。ウォールペイントやロゴデザインといったアートワークをはじめ、「ナイキ」、「ジョンローレンスサリバン」、「セイバー」などのブランドから飲食店などの企業まで、数多くのコラボプロジェクトも手掛ける。海外での作品展開も多く、ゼロ年代注目の存在。
www.ryoono.com

  • 骨太なミリタリー×レザーの高級感 好相性をなすニクソンの新アイコン
    NIXONの中でも高い地位を占める“タフさ”へのこだわり。その思いが集約したTHE RANGER シリーズにおいて、ミリタリー計測器のような武骨なクロノグラフを搭載し、さらにレザーの老舗ブ ランド・ホーウィン社のマテリアルを採用したベルトによって気品を加えたのが[THE RANGER CHRONO LETHER]だ。ミルスペックの屈強さとスタイリッシュな高級感が掛け合わされた“ありそうで無かった”間隙を突く設計は、RYOONO氏が「ブランドものも好きじゃないし、かといって玩具すぎるのもイヤ。その点、ニクソンの腕時計は間を行っていた」と語るように、絶妙なバランスを 保持しながら、ファッションアイテムとしての佇まいをより強固に集約したアイコンとして成立させた。
    [THE RANGER CHRONO LEATHER]Black、Silver/Saddle各¥52,000、All Black/ Brown¥55,500/すべてニクソン(ニクソン)

お問い合わせ先
ニクソン
03-6415-6753
http://www.nixon.com/jp/jp/


PAGE TOP