Gear Selection archives

Hapsburg Absinthe Red Label 「薬草をふんだんに使...

アルコール原料にニガヨモギを浸し、次いでクローブやペパーミントなど約17種類の薬草類を使用したアブサン。アルコール度数は85度でありながら、...

2014.11.21 UP

Stroh 80 Original 「男にこそ相応しいラム酒の王者」

カワイイ名前に釣られることなかれ。「ストロー80」はアルコール度数80度を誇る、オーストリア発の最強ラム酒だ。見た目も確かに漆黒のボトルが王...

2014.11.21 UP

Caroni Old Vintage Rum 「アルコール度数77度のレア...

トリニダードトバコのカロニー蒸留所のラムを、イタリアのベリエ社がボトリング。取り扱いが常に少なく、今では稀少価値が高い模様。見つけたラッ...

2014.11.21 UP

Cadenhead’s Enmore1990/2000 「スパイシーな余韻を...

フランスはヴェルサイユ原産のラム。モラセス(蜂蜜)の強い香りと甘さが特徴。今は閉鎖されてしまったヴェルサイユ蒸留所時代のものは、稀少性が...

2014.11.21 UP

Gosling’s Black Seal 151 「ラムカクテルの万能選手」

蜂蜜を複雑発酵の後に蒸留したものを、バーボン樽で長期熟成させたダークラム。アルコール度数は75.5度とかなり高いが、多彩なカクテルが楽しめる...

2014.11.21 UP

Mongolian Cuisine AOZORA 本格モンゴル料理店で"男...

「やばい酒」として店長が出してくれたのは、ズドーンと巨大な鹿のペニスが漬けてある正しく男酒! 他にも馬乳酒や蟻酒など、パンチの効いたライン...

2014.11.21 UP

Bar Tram アブサンファウンテンの様式美に酔いしれる

前ページにも登場した、1900年代初期にフランスで発祥したアブサンという薬草酒。ピカソやゴッホなど多くの芸術家に愛されながら、アルコール度数...

2014.11.21 UP

Yakiniku Abashiri Beer Kan あばしり和牛で極彩色の...

北海道は網走の焼肉店「YAKINIKU網走ビール館」。1階はニューヨークテイスト、2階はスタイリッシュな和風スタイルの店内は、優しく暖かい光に包ま...

2014.11.21 UP

Bonji Bar 心地よい音楽に身を任せ、珍酒と水タバコ...

店長曰く「自分の好きなものだけを集めた、お店兼遊び部屋」という梵字バー。世界各国から集めた水タバコやオブジェが所狭しと並び、ミステリアス...

2014.11.21 UP

Kome To Circus ようこそ路地裏のサーカス小屋へ

フランスの高級食材として知られる、野生の獣肉“ジビエ”をカジュアルに楽しんでほしい……そんな思いから生まれた「米とサーカス」。東洋の見世物小...

2014.11.21 UP

PAGE TOP