Feature archives

SPRING&SUMMER “RUDO” STYLECOLLECTION

U.S.ネイビーやマリンなどの海っぽいファクターを取り入れたデザインが冴える今季の「ネイバーフッド」。その一方で、レオパードやカモフラージュといった柄に象徴される男らしいエッセンスも健在だ。そんな圧巻のコレクションからルードな目線でアイテムを厳選し、今シーズンの羅針盤となるコーディネートを築いた。

2014.04.23 UP

10th Anniversary Issue

今年、10周年を迎えるセレクトショップ「ガロ」。スタート当初から変わらず、尖った魅力を放ち続けるこのショップが提案する次なるルードスタイルとは——。スタイリング、ギア、キーパーソンという角度の異なる3テーマから、ガロが見つめる未来を徹底的に分析する。 

2014.04.23 UP

summer collection 2014 Wasteland Hoilday

飽くなき探究心と研ぎ澄まされた感性が生み出す普遍的なウェア。武骨な男を魅了してやまない「サブサエティ」の夏のアイテムが遂に解禁された。貫禄あるラインナップ、その崇高な世界観を堪能せよ。

2014.04.23 UP

「ジャックローズ」が今年の夏を先取り “...

今シーズンで10周年となる「ジャックローズ」。さまざまなブランドとのコラボやセレクトショップとして多くのブランドを取り扱う試みにも力を入れている。リーズナブルでありながら上質なアイテムたちは、ワークの男臭さを残しつつリゾート的なリラックス感と融合。

2014.04.23 UP

アメカジの雄が刻む逞しき輪郭—— 一線を画...

ストリートに向けて「ニューベーシックウェア」という発想でリアルクローズを発信するCLUCT。マテリアルやディテールによる、さりげなくも確実なヴィンテージ感の表現が、本質を見通す審美眼を持つ男達に愛される所以だ。

2014.03.23 UP

静けさとノイズが同居する深遠なる男たちの...

ジャズやブルース、ファンクといったルーツミュージックを基盤のひとつにしながら、自由で鋭いクリエイションを展開する「ラディアル」。今年の春夏シーズンは、ムラ糸オックスにデニム、サロペ、メキシカンなアロハ柄といった生地使いで男気を湧かせてくれる。

2014.03.23 UP

威風堂々。「FUCT」春夏コレクション!

高品質なアメリカンウェアを発信するブランド『ファクト』。春夏は「ジョシュアツリー」をテーマに、古き良きアメリカを、ファクトらしい視点でタフ&シックに展開。そして妥協のない物作りは今季も健在。オリジナル生地やボタンを使用して質感、着心地にも徹底的にこだわる。

2014.03.23 UP

骨のある男を虜にするスカルウェアの新機軸

独創的なグラフィックと美しいプリント技法で生み出されるスカルウェアは、唯一無二の輝きを放つ。今季もオリジナルの新作スカルをはじめ、50sテイストの柄やアイテム、人気のピンナップガールシリーズなど、進化し続けるスカルウェアを続々リリース!

2014.03.23 UP

2014 SPRING&SUMMER EX SERIES

昨シーズンに引き続き、1980年代~ 90年代にロンドンを中心に盛り上がったカルチャーに着目。パンクはもちろん、ブレイクビーツやレゲエなど、当時用いられた多彩なファクターをミクスチャーした孤高の作品が創り出された。テイストも時代も超越する「ルーカーバイネイバーフッド」コレクションのダイジェストをお披露目!

ネイバーフッド 原宿 TEL.0 3 - 3 4 01-12 01

2014.02.24 UP

渋カジを現在の座標軸で再構築した誇り高き...

アメカジを下地に、品のある大人の武骨スタイルを提案するキャリーが今春のデザインに取り入れたのが“90年代ストリートの空気感”。柄物や色使いといった“渋カジの要素”を現代の視点で蘇らせた必携のコレクション。

MQ トウキョウ TEL.03-6434-1278 http://mcqueen-tokyo.com

2014.02.24 UP

PAGE TOP