Feature archives

“THE NEW STYLE FOR CASUAL GUYS”

常に新しい物が取り沙汰される世の中にあって、不変とも呼べるスタイルに 日本の古き良き息吹を吹き込んだ−−。徹底して拘った素材がそれを物語ってくれる。 そんな、カジュアルなスタイルを標榜する男達に向けた 「キャリー」2016サマーコレクションが満を持してお披露目だ。

2016.05.23 UP

products in summer 2016

鼻腔をくすぐる煙たい空気と、ほのかに聴こえるルーツサウンド。どこか懐かしさのあるデザインを披露する「ラディアル」が、夏の男にしっくりと、しっかりと馴染むウェアを構築する。

2016.04.22 UP

ニューベーシックウェアの幕開け

“ベーシック+αの落とし込み”を基本コンセプトに、オーセンティックウェアを展開する「クラクト」。今季は“DAY DREAMING”をキーワードに、普遍性と革新性がバランス良く融合する、リアルなコレクションを完成させた。

2016.03.23 UP

ゆるい大人のずるいシューズ

時の流れを感じさせない普遍的な存在感と、唯一無二のリラックスした雰囲気を纏う男、ILMARI。同様に、ゆるいのに格好 いいセダークレストの“ずるい靴”を主役に、ちょっと不良感のあるラフな春スタイルを紡ぎ出す。3月某日、春風が舞う都内にて。

2016.03.23 UP

“The Youth Are Getting Restless”

男臭きアメリカンカルチャーを体現してくれるブランド「カットレイト」。今シーズンもバイク、スケートなどのストリートからワークまでモダナイズされた様々なプロダクトが揃っている。ここでは最新8スタイルのルックをもとに細部まで拘ったブランドのアイデンティティーをじっくり味わって欲しい。

2016.03.23 UP

静かなる「ワーク×ミリタリー」の迫力

いつの時代も男を高めるワーク、ミリタリーの意匠。このたくましき掛け合わせを今っぽく楽しむためには、武骨を盛りすぎない “静かでほのかな飾り”が鍵となる。肩肘張らず、でもダラけない尖鋭のスタイルをものにせよ!

2016.03.23 UP

原点回帰と進化が重なり合う新作コレクション

“JAPAN PRIDE”をコンセプトに掲げ、日本のみならず海外に向けても積極的に日本の物作りを提案していく2016年の「キャリー」。そんな“ジャパニーズアメカジ”の雄が、個性派俳優として確固たる地位を築いている村上 淳とがっちりコラボ。油の乗り切った両者が紡ぎ出す珠玉のセッションを見逃すな!

2016.02.23 UP

Day Dreaming

アメカジの男らしさとヨーロッパの繊細さを咀嚼してオーセンティックに組み立てた 「クラクト」のプロダクト。今季、彼らの元から世界に放たれるトップスは、その洋服の歴史を辿るかのようなベーシックな表情を見せながらも、現代のストリートになじむ “新鮮さ”を連れてくる。

2016.02.23 UP

-Yard Woven-

決して変わらない男にとっての上質なファブリック。音楽や車などの文化を源泉にそれを表現する「ラディアル」が、新たな季節の扉を開くニュースタンダードの答えを出す。

2016.02.23 UP

Midnight RANGER

反逆的でありながら時代も捉える…そんな相反する要素を内包する男・窪塚洋介。 日本のユースカルチャーが生んだ奇跡ともいえるこの存在は、人とは違う時間を旅しながら、人と同じ時間を走り続ける。 肩肘張らずに普通から逸脱する彼の姿は、夜の喧騒によく似合う。

2015.11.24 UP

PAGE TOP