Feature archives

OVER THE EDGE

いつの時代も愛せるベーシックなアメカジをベースに、カリフォルニアのライフスタイルを展開する「クラクト」。ティーンエイジが体制に反抗しカウンターカルチャーに新たな価値観を見つけてきたように、境界を超えていく彼らのデザインは、今季のコンセプト'OVER THE EDGE'を体現する。

2016.09.23 UP

武田真治が魅せる色気を纏う男の着こなし ...

映画やテレビ、舞台などでの俳優業だけでなくバラエティ番組への出演やミュージシャンとしても活動し、様々な経験を経て深みを増している男・武田真治。デビュー当時、彼の反骨精神あふれるファッションやヘアスタイルは瞬く間に多くの若者たちに支持をされ カリスマとして熱狂的なファンも生まれた。その類まれなるファッションセンスは 今もファッショニスタとして輝いている。そんな彼と「クライミー」との...

2016.09.23 UP

“音楽”を感じさせる“遊び着”の中に示すブリ...

時代とともに“ROLL(転がる)”するウェア作りが信条。時代を彩ったミュージシャンのスタイルを顧みつつ、未来のプレイグラウンドを想定した“遊び着”を提案する。さらに、「ルイスレザーズジャパン」オリジナルブランドらしく、紳士服の源である英国スタイルもリスペクト。そんな骨太ブランド「ロウル」に痺れる。

2016.09.23 UP

レザーメーカーとしての実績を投影した本物...

40年以上も革業界に関わってきた経験を生かし、19年前に創業した名門。国内産の馬革、鹿革、牛革を中心に採用し、さまざまなレザーウェアや革小物を生み出している。当然ながらクオリティの高さには定評があり、OEM生産の実績も多数。大量生産とは一線を画する仕上がりを実感するには、アウターを愛用するのがイチバン。

2016.09.23 UP

ちょいとラフに味わう わりとタフな秋の靴

秋の風を受けた窪塚洋介と彼を包むオーラはゆったりとそよぎ、独特の存在感を放つ。数々の映画監督や演劇人を魅了する、ナチュラルな中にもどこか”芯”を感じさせるムードの彼は、「セダークレスト」のタフな靴をラフに楽しむ。

2016.09.23 UP

“モヒート、キューバリブレ、ブラックショ...

世界的ラムブランド「バカルディ」が、今年20周年目を迎えたフジロックフェスティバル2016(開催期間:7月22~24日)をサポート。
モヒートなど芳醇な味わいのラムを生かした3種類のカクテルが用意され、ブース前にはそれを求めるフジロッカーたちが三日間ともわんさか出現した。その中にいたRUDOな洒落者たちともスナップで乾杯!

2016.09.05 UP

RUDO男、ロックフェスで猛烈に格好つける。

夏の思い出のハイライトともいえる野外ロックフェス。音と自然にまみれるこの熱きイベントをもっと楽しむためには、いつも以上に格好つけるのが鉄則だ。その武器となるフェスマニア必携の名品12選をコレクト。
どれもアウトドアシーンとの親和性も高いだけに、これからの行楽シーズンでも十分役立つものばかりなので、ここから秋スタイルの準備をスタートせよ!

2016.09.05 UP

滑り知らずの鉄板老舗スニーカーで滑るべし...

切り札シューズ:スニーカー編 #4

ファッションと切っても切り離せないスケートカルチャーは、RUDO流に男臭くまとめるのが2016年の秋の気分。
より個性的で武骨なデザインを披露する生誕40週年の老舗アメリカンブランド「VISION STREET WEAR(ヴィジョン ストリート ウェア)」のスニーカーを選べば、洒脱で新鮮なオータムスケータースタイルが手軽に楽しめるのだ!

2016.08.24 UP

2016 Summer Collection

トレンドに迎合することなく着る人ひとりひとりのの考えや想いを形にする…そんなブレない男臭さを体現する「カットレイト」。今季はオーセンティックなアメカジに現代的な要素を加味したプロダクトが並ぶ。デザイナー、オリバー•ジョーンズの新たな挑戦を感じ取れる意欲的なサマーコレクションだ。

2016.06.23 UP

"THE DAY THAT NEVER COMES"

〈都会の喧騒に埋もれた葛藤、二度と来ない今日へ〉普遍的な男の色気を追い求める「クライミー」2016年サマーコレクション。彼らがいつも初期衝動を掻き立てられ、熱い想いがこみ上げる街・LOS ANGELESにて行った膨大な撮影記録の中から、その一端を満を持してお届けしよう。

2016.06.23 UP

PAGE TOP