Feature archives

-Man in Black-2017 AUTUMN & WINTER COLLE...

英国紳士の高貴な不良性と気品を巧みにデザインする「ROLL(ロウル)」。日本における“ロッカーズ”カルチャーの第一人者でもあるデザイナー・馬場康治が生み出した今季の彼らのコレクションから、男の永遠のテーマカラー“黒”をピックアップ。渋みを増したスタイルを今こそこの手に。

2017.11.24 UP

タフでシンプルに着こなせ。RUDOな大人の新...

スタイリストの平松氏がちょっとハイなルードスタイルを提案するお馴染みの企画。今回は、男っぽさの中にもどこかモードな雰囲気が漂う人気ブランド「ディーゼル」の着こなしを特集。ぜひ参考にして欲しい。

ディーゼルジャパン TEL.0120-55-1978 公式オンラインストア www.diesel.co.jp <http://www.diesel.co.jp/>)

2017.11.24 UP

クロスオーバーするストリートの過去と現在

90年代の西海岸ストリートに現代の息吹を送り込んだコレクションを展開する今季の「カットレイト」。特にブランドのDNAともいうべきモーターサイクル、スケート、バイクなどのカルチャーは、色濃く投影されておりエッジーで男心を熱くさせる存在感を存分に発揮している。

2017.10.23 UP

RUDOとともに歩くクリエイター集団の全貌

創刊号からRUDOのメインブランドであり続ける「クライミー」を筆頭に、数々のプロダクトを展開する集団「リアライズワークス」。今月新たに旗艦店をリニューアルさせ、アパレルだけでなくライフスタイルまで提案する彼らの奥深き世界観に迫る。

2017.10.23 UP

陽気なだけでは終われない大人の男のリアル...

世界へと広がるトーキョーストリートの要素を、より大人らしく、よりリアルに昇華させる「SUBCIETY(サブサエティ)」。我らの永遠のユニフォームであるミリタリーアイテムを中心に、陽気さだけでは飽き足らない、渋味がかった大人のスタイルを作り上げる彼らのコレクションが、これからの男着の真打ちとなる。

2017.10.23 UP

洗練された大人の男の為の最旬冬アウター

“リアルクローズ”に徹底的に拘り、そこに遊び心を加えたハイクオリティーなアイテムを展開する、贅沢な大人の為のセレクトショップ「トランジション」。今シーズンもインポートからドメスティックまで男心をくすぐるアウターが出揃った!

2017.10.23 UP

FOREVER TRUTH

“FOREVER TRUTH(永遠の真実)”の名のもと、トレンドに左右されることなく、カリフォルニアの空気感とほどよいクラシック感が溶け合うコレクションを今季生み出した「クラクト」。男らしさを持ち合わせたエッジの効いたアイテムは、シルエット、サイジングといった細部へのこだわりにあふれ、“真のアメリカンカジュアル”という明確なスタイルを作り上げる。

2017.10.23 UP

“古き良き”を凌駕する肖像

バイ グラッドハンド、ギャングスタ―ヴィル、ウィアード、B.S.M.G.、オールド クロウといった、本誌おなじみのブランドを展開する「グラッド ハンド」から、それぞれの秋冬最新コレクションが集結。細部へのこだわりやクラフトマンシップにあふれた製品は、“古き良きスタイル”という言葉ではもはや収まりきらない、圧倒的な存在感を放つ。

2017.10.23 UP

革の匠たちが紡ぎ出す“極み”の世界

熟練の職人たちによるハンドメイドに徹底的に拘り、ハイクオリティーなプロダクトで業界内においても高い評価を得ている「ワイツーレザー」。そんな孤高のブランドが、このたび初の直営店をオープンするという情報をキャッチ。その全貌を、普段は見ることの出来ない工房の裏側と併せて紹介。目から鱗のスペシャル版をしっかり堪能して欲しい!

2017.10.23 UP

とっておきの休日はバーバーで過ごす。

激務まみれの男たるもの、せっかくの休日は有意義に使いたい。となればヘアカットだって、ワンランク上の体験を味わいたくなる。そんな時は本誌おなじみのバーバー「ルドロー・ブラント」が最適だ。髪だけではなく男を仕上げる上質なサービスを体感せよ。

2017.10.23 UP

PAGE TOP