Feature archives

2013 AUTUMN"RUDO"STYLE

ブラックを軸とした秀逸なワークスタイルはこの秋も健在。キーアイテムはウールパンツで、レザーアウターなどを合わせて武骨にきこなしたい。また、マスタードやワインといった挿し色使いも提案。コストパフォーマンスにも優れる秋アウターを取り入れ、ルードなスタイルを謳歌せよ!!
ジャックローズ 原宿本店 TEL.03-5786-3975
WEB SHOP(通販)www.jackrose.jp/

2013.08.23 UP

唯一無二のオリジナル比類なきラインナップ

ヴィンテージの雰囲気を存分に残しつつブランドとしてのギミックを随所に利かせる。CALEE謹製のフルオリジナルパーツを駆使して他の追随を許さないまでに練り上げた。進化形アイテムの数々に刮目するべし。
MQ TOKYO TEL.03-6434-1278

2013.05.23 UP

ネイバーフッド&ルーカーから新着!2013春...

圧倒的なクオリティと孤高のデザイン性で、衰え知らずの人気を誇る「ネイバーフッド」は、他ブランドの追随を許さない。実際、今シーズンも注目の話題作が目白押しだ。そこから選りすぐったアイテムや要素を7つに絞り込んで紹介。完売前に確保して、夏のワードローブをアップデートしよう!!
ネイバーフッド 原宿 TEL.03-3401-1201

2013.04.23 UP

最前線のアーティストとブランドが奏でる“2...

アメカジの伝統的なディテールを継承つつ、洗練されフォルムに昇華したプロダクトが、ファッション感度の高い人々を惹き付けるブランド「ハイエルディーケー」。
今季ラインナップされた、清涼感と大人の遊び心を兼備する珠玉ウェアと気鋭のアーティスト〈金子ノブアキ〉が奏でる“協装曲”で、夏の扉は開かれる。
ハイエルディーケーの商品に関するお問い合わせ先:
ガーメンツ TEL.03-6427-2132...

2013.04.23 UP

ストリートの風を漂わせるジャックローズ流...

リアルクローズにこだわり、追求する「ジャックローズ」。初夏のコレクションではショーツスタイルの提案を試みるなど、アイテムの幅はさらに広がりをみせている。もちろん、その根底にあるのはワークを中心とした男らしいスタイルの追求。同時に他ブランドとのコラボレーションや made in Japanのシリーズもますます充実。進化する「ジャックローズ」に注目だ。
JACKROSE 原宿本店(1F) TEL.03-5786-397...

2013.04.23 UP

多彩なカルチャーのエッセンスで紡ぐ旬な男着

ガソリンの匂い、ルーツミュージックの響き、SK8のアティテュード。これらによって紡ぎ出されるストーリーは、今季も深度を増している。生き様がクリエイションの原点になった<ラディアル>の男着。最新のプロダクトから成るスタイリングとカタログに注目してほしい。
ドゥービーズ  TEL.03-3470-3060
http://www.radiall.net
http://doobies-tokyo.tumblr.com

2013.03.22 UP

ワードローブに欠かすことのできない本物志...

“ニューベーシック”となり得るウェア類をストリートへ送り出すべく誕生した「クラクト」。クラシカルなアメカジスタイルを土台としつつ、素材や仕様にヨーロッパの繊細な要素も採り入れ、長く愛用できるアイテムへと昇華する。そんなコレクションは、この春も着こなしの軸に相応しい出来栄え。
クラクト TEL.03-6427-6339 www.cluct.com

2013.03.22 UP

仲間内に対する共感が結実したモノづくり

仲間内に対する連帯感と同一線上にCALEEが堅持しているカスタマーへの強烈な想い。友への熱き想いを注入するがごとく、一つ一つのアイテムを丹念に産み出す。ディテールへの並外れたこだわりが、ものの見事に結実した。今季、CALEEのシーズンテーマ、“BLATANT LOCALISM”を心ゆくまで味わってほしい。
MQ TOKYO ☎03-6434-1278

2013.02.22 UP

男臭さと大人の知性を共存させた春ワークス...

ソリッドで男らしさの漂うウェアを発信し続ける『ジャックローズ』。ひと目でわかる上質なマテリアルや、袖を通した瞬間に感じる身体への絶妙なフィット感など、本物を極めたブランドならではの自信が細部に垣間見える。あらゆるジャンルを包括した、『ジャックローズ』が提示する新しいスタンダードをとくとご覧あれ!
JACKROSE 原宿本店(1F) ☎03-5786-3975 WEB SHOP(通販) ☎03-5786-0676 http://...

2013.02.22 UP

リアルクローズとしての境地を開拓する 生...

創立当初からTシャツやセーターなどを販売してきたハーレーダビッドソン。1931年にはレザージャケットを自社カタログに載せるなど、モーターサイクルウェアの発展史においても先頭を走り続けてきた。今も、そのモータークローズは男の生き様を雄弁に物語る。ハーレーダビッドソンジャパンカスタマーサービス  ☎0800-080-8080  http://www.harley-davidson.co.jp/

2012.12.27 UP

PAGE TOP